茨城県つくば市にある國立大學で、文部科學省によって「スーパーグローバル大學」に指定されている、筑波大學。

筑波大學是一所位於茨城縣筑波市的國立大學,被文部科學省評定為 "超級國際化大學"。

今、「筑波大學を徒歩で散策してはいけない」という投稿がツイッターで話題になっている。

日前,一條話題為“不要妄想靠雙腿走遍筑波大學”的推文在推特上火了。

これは、ツイッターユーザーの走る人蔘(気象予報士)さん(以下、「走る人蔘」さん)が2021年6月13日に投稿した畫像。

這是推特用户走る人蔘(気象予報士)(下文,簡稱為走る人蔘)於2021年6月13日上傳的圖片

いっしょに、「『筑波大學を徒歩で散策してはいけない』ことがわかる図」と、呟いている。

推文還寫道“看了這圖,你就知道為什麼‘不要徒步走在筑波大學內’了”。

現役の筑波大學1年生だという走る人蔘さんに、記者は16日、詳しい話を聞いた。

16日,記者採訪到了現就讀於筑波大學的大一學生走る人蔘(網名)。

學內には専用の循環バスが

校園內配備專用循環巴士

走る人蔘さんによると、投稿の畫像は、筑波大學筑波キャンパスの最寄り駅であるつくば駅(つくばエクスプレス)前のバスターミナル「つくばセンター」から、キャンパスの南北を貫通する、キャンパス內にあるそれぞれの目的地へ到着するまでの距離を示している。

據走る人蔘(網名)介紹,推文中的是一張距離指示圖,表示了從距筑波大學筑波校區最近的車站(筑波快運)前的公交總站(筑波中心站)到校區內各處的距離,行車全程將從南到北貫穿全校。

筑波キャンパスは南北に長く、つくばセンターから近い順に春日地區・西地區・南地區・中地區・北地區の5地區に分けることができる。

筑波校區的南北距離很遠,從筑波中心車站開始由近至遠數起的話,分為春日區、西校區、南校區、中校區、北校區共五個分區。

そのいちばん遠い北地區にある「一の矢宿舎」までは、なんと4600メートル。仮に徒歩(分速80メートルで計算)だと、1時間近くかかる計算だ。

從中心車站到距離最遠的北校區‘一の矢宿舎’居然有4600米。如果徒步(以每分鐘行走80米計算)的話,大概需要將近1個小時。

これだけの広さを考慮してだろう、敷地內には専用の「筑波大學循環バス」も走っている。

可能是考慮到了學校佔地面積太大,所以特意安排了“筑波大學專用循環巴士”。

走る人蔘さんは、「(私は)自転車で移動します。私はバスは使いませんが、宅通(自宅通學)の人はよく使っているようです」と、教えてくれた。

走る人蔘(網名)告訴記者“我不坐巴士,平時都是騎自行車。但走讀的學生們經常坐這個巴士”。

普段の講義では、學生たちはどこからどこまで移動するのだろうか。

平常上課,學生們不是經常要穿梭於各個教學樓嗎。(記者問)

「コロナでほぼ対面(授業)がないので移動そのものが少ないですが、體育→(次の)授業のときは體育芸術エリア(の運動場)から第1エリアに移動します。これでも結構ギリギリになります。ツイートの表記だと600メートルになりますが、エリア自體が広いのでこれでも1キロ以上移動していると思います」(走る人蔘さん)

“因為疫情大家基本上都是線上學習,所以很少換教學樓換教室。但如果上完體育課再去上文化課的話,就得從體育藝術區(的操場)移動到第一教學區。時間上還是蠻緊迫的。雖然從那張圖上看只有600米距離,但這是直線距離,實際上我覺得得相距1千米以上”(走る人蔘さん)

限られた時間に、1キロ以上......もはやそれだけで體育並みの運動量である。

在有限時間內,移動1千多米……這運動量不亞於正規的體育訓練了。

そんな広すぎるキャンパスに慣れた、走る人蔘さんいわく、「地図の縮尺感覚がバグります」。

習慣瞭如此大的校園,走る人蔘(網名)説道“適應了筑波大學的大小之後,再看地圖,原有的縮尺感都混亂了”

一般的には「遠い」とされる距離も、大したことがないように感じるらしい。

一般人看來有些“遠”的距離,在他們眼裏也不過如此。

「筑波大學の広さに慣れた狀態で東京駅の地図を見た時、東京駅の北側から南側に行かないといけない時に『あーめんどくさ!』ってなったのですが思ったよりすぐ行けちゃったことでしょうか...筑波大學の感覚で南北5キロくらいあるものとして見てしまっていました」(走る人蔘さん)

“習慣了筑波大學之後,再看東京站的地圖,尤其是當不得不從東京站北面向南面走的時候就會覺得很麻煩,但其實比我想象中的路程要短…這段路程如果以筑波大學為參照的話也就大約5千米吧”(走る人蔘さん)

さらに、こんな思い出も。

此外,他還回憶道

「友達と入學したてのころ、大學のお散歩とか言ってお散歩してたら數時間経っていたことがあります」(走る人蔘さん)

“剛入學的時候和朋友約着去散步,不過在學校裏散一次步得用好幾小時”(走る人蔘)

數時間のお散歩......。ある意味、贅沢な時間の使い方にも思える。広大なキャンパスで4年間をのびのび過ごす経験も魅力的だ。

用好幾個小時散步……。變相來看,這樣的生活方式也很奢侈啊。在寬闊的校園內悠閒地度過4年,這樣的經歷也別有一番魅力呢。

ただ、忙しい大學生は講義と講義の合間に急いで移動することも多いだろうし、慣れるまでは遅刻してしまいそうだ。

然而,學業繁忙的大學生們並沒有太多的空餘時間,他們往往不得不匆匆忙忙地“趕場子”,在他們沒有完全適應這種快節奏的學習生活之前,恐怕會經常上課遲到吧。

もしも身近に進學する大學を迷っている高校生がいたら、キャンパスの広さも考慮に入れるようアドバイスしてはどうだろう。

如果你身邊有面臨升學並且不知該如何擇校的高中畢業生,你可以提醒他在擇校的時候把學校的佔地大小也作為衡量標準。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:日本留學:學位制度知多少?