今まさにライチの旬を迎えている中國。その意外な食べ方が今年になって突然話題を呼んでいる。白くて甘いライチの果肉を醤油につけて食べるのが美味しいというのだ。

中國現在正值荔枝當季。一種奇葩的荔枝吃法在今年突然成為了話題。據説把又白又甜的荔枝果肉蘸着醬油吃別有一番風味。

醤油の売り上げが138%増加

醬油銷量增長138%

EC大手「天貓」の公式ウェイボーによると、ライチの季節が到來した5月中旬、天貓の広東省における醤油の売り上げが138%も増加したという。そして、広東省のユーザーの10%が、醤油とライチを一緒に註文していることがデータでも判明している。

電商巨頭“天貓”的官方微博顯示,荔枝上市的5月中旬,天貓在廣東省的醬油銷量增長138%。並且通過數據可判斷,廣東省有10%的用户同時下單醬油和荔枝。

皮を剝くと現れる白玉のような果肉、ライチは爽やかな初夏の風物詩だ。それを黒い醤油につけて食べると、甘さとしょっぱさが同時に味わえてクセになるのだとか。またライチを醤油につけるとサーモンの味がするという聲もある。

剝開皮後呈現出白玉般“果肉”的荔枝是清爽的初夏的象徵。蘸上醬油吃的話,可以同時品嚐到甜、鹹兩種口味,所以使人上癮。此外,還有人説荔枝蘸上醬油後,味道有點像三文魚。

もともと広東省や福建省などでは食べられていた方法のようだが、今年になって一気に全國的に知られるようになった。しかしこの食べ方はすべての広東人に受け入れられているわけではなく、まったく理解できないという人も少なくない。

這種吃法好像原本只是廣東、福建等地的吃法,在今年一下被全國人民知曉了。但並非所有廣東人都能接受這種吃法,也有不少人表示無法理解。

中華圏のネット上では、信じがたい食べ合わせやレシピで作られた料理が「暗黒料理」と呼ばれてしばしば話題にされる。今回のブームにも「あんなに甘くて美味しいライチを醤油につけるなんてまさに暗黒料理だ!」という聲があがった。

在中國網絡上,以出乎常人理解的食物搭配或菜譜製作出來的食物一般被稱為“黑暗料理”,而且常常引發熱議。對於此次荔枝蘸醬油的熱潮也有人表示“竟然把如此甘甜美味的荔枝和醬油一起蘸着吃,簡直就是黑暗料理!”。

EC大手が“ライチ+醤油セット”を発売

電商巨頭推出“荔枝+醬油套餐”

中國ネットメディア「光明網」によると、EC大手「天貓」は、中國南方地區のユーザーからの提案をきっかけにライチと醤油をセットで売り出すことを計畫した。

根據中國網絡媒體“光明網”報道,電商巨頭“天貓”根據中國南方地區用户的建議,策劃出了荔枝和醬油配套出售的方案。

しかし、この食べ方は一部の地域でしか見られないものであること、また生鮮食品と調味料というカテゴリーがまったく違う商品であるため、物流倉庫でのオペレーションが複雑になることなどから、セット販売の実現には難しさもあったという。

但是,由於這種吃法只在中國的一部分地區能見到,而且生鮮食品和調味料是品類完全不同的兩種商品,倉庫物流操作起來會比較複雜,所以實現套餐售賣也有一定難度。

商品化を悩んだ「天貓」はウェイボーでユーザーに対して直接意見を募集した。その結果、ライチと醤油のセットの販売を望む人が半數を超えたため、発売を決定したのだという。

為商品化而煩惱的“天貓”在微博上直接對用户徵集了意見。結果,希望出售荔枝加醬油套餐的人超過總投票人數的一半,所以天貓最終決定出售這個套餐。

どんどん出てくる「暗黒料理」

源源不斷的“黑暗料理”

多くのネットユーザーは今回初めてライチを醤油につける食べ方を聞いたと話す。広東人はライチ以外にもパイナップルやヤマモモも醤油で食べる習慣があるそうで、醤油につけるとパイナップルの舌を刺す刺激が弱まるのでよいのだとか。

許多網絡用户表示是第一次聽説荔枝蘸醬油這種吃法。據説除了荔枝以外,廣東人還有將菠蘿、楊梅蘸醬油吃的習慣,蘸上醬後菠蘿對舌頭的刺激會減弱,所以還不錯。

この話題をきっかけに、ネットには醤油にとどまらない果物の不思議な食べ方、各地の「暗黒料理」を紹介する人たちがあらわれた。たとえば以下のようなメニューだ。

以這個話題為契機,網上出現了一羣介紹除蘸醬油以外的奇葩水果吃法以及各地“黑暗料理”的人。例如以下菜單:

「ライチ刺身」
ライチは刺身のように醤油に加えてわさびでもイケる。にんにく、胡椒をつけて食べる人もいる。

“荔枝刺身”
荔枝和刺身一樣,不僅可以蘸醬油,還可以加芥末。也有人蘸大蒜、辣椒吃。

「マンゴー唐辛子」
広西省の食べ方で、まだ熟していない青いマンゴーを切って唐辛子パウダーをかけて食べる。唐辛子が青いマンゴーの酸っぱさを抑え、サクサクとした食感が美味しい。

“芒果蘸辣椒”
這是廣西省的吃法,將尚未成熟的青芒切塊,蘸上辣椒粉吃。辣椒能減輕青芒的酸味,脆脆的口感很美味。

「梅グアバ」
グアバを切った後に梅パウダーと塩をふりかけると、なぜか酸っぱさがなくなり、グアバの甘さと香りが引き立つ。

“芭樂蘸酸梅粉”
切開芭樂,然後撒上酸梅粉,不知為何酸味會消失,並且會使芭樂的甜味和果香更加突出。

「スイカステーキ」
スライスしたスイカを焼いた後に塩胡椒で味つけすると、まるでビーフステーキのようなコクのある旨さが味わえる。

“西瓜牛排”
將切成片的西瓜進行煎烤,撒上胡椒鹽調味後,可以品嚐到如牛排般的醇厚口感。

夏の果物が店頭に並ぶ季節。試してみる勇気のある方はどうぞ。

現在正是店鋪門口擺滿夏季水果的季節。有勇氣的朋友可以嘗試一下哦。

本翻譯為滬江日語原創,轉載請註明出處。

相關閲讀推薦:美食劇《孤獨的美食家》你最喜歡哪一季?